財布ロゴ
風水財布
topページ
財布ロゴ2 財布ロゴ3
風水金運、財布の色選び方
 

風水 財布の色 金運と蓄財の法

財布は何色がいい?
財布風水は、どのような関係があるのでしょうか?
金運で一番よいとされるのは、「赤と黄色」の組み合わせです。

財布の選び方は、まずは自分の好きな色、デザインのものを選ぶ。
そして自分で選んだ財布に「愛着」をもって、大事に使うこと。
何はともあれ、これが一番大事なことです。


「気に入る」、「気が合う」という言葉があるように、財布を選ぶということは、自分の「気」とマッチするモノを選ぶのと同じです。だから、自分の「好み・感覚」を大事にする。これが一番よい選び方です。

最悪なのは、風水的によいからと言って、好きでもない色やデザインの財布を選ぶケースです。自分が選んだものに「愛着」を持てないと、金運も下ってしまうでしょう。逆の意味の『引き寄せの法則』です。

(高価なブランド品である必要はありませんが)、作りのしっかりしたものを選ぶ。品質・センスの良い財布は、概して値段が高いですが、よいものは「愛着」が湧いて大切に使うので、結果的に「長持ち」する。

モノは大事に長く使う、これがすべての基本であり、蓄財の大原則です。

そもそも、風水とは「環境学」であり、風水と財布は関係がありません
本場の中国では、財布を持つという習慣がなく、お金は裸のままポケットに入れるのが普通。財布を持つようになったのは近年の話で、日本のように「財布の寿命は三年」というような考えもありません。

運気を大事にしたり、占い・風水で「ゲンを担(かつ)ぐ」のはよいですが、「財布は春に買うのが良い(春=張る財布)」、「三年で買い換えるのが良い」など…過度に左右されると、「縛り」が入り、かえって金運が落ちるでしょう。

財布の色で、個人の「運気」が決るわけではありません。
財布によって「金欠」になったり、「金持ち」になることもありません。


実を言えば、どんな財布も「金運財布」になるのです。大事なことは、どんな財布であれ、自分が選んだものに「愛着」を持って大事に使うこと。人が大切に取り扱うと、そこに「財の気」が宿り、そうしたところに金運がやってきます。エネルギーの法則です。 →財布の色と金運の関係

世界でひとつだけの財布、
オーダーメイドで、簡単に創れます!

財布のエネルギーを整える

・お札は向きを揃えて入れる。
すべてのモノにはエネルギーがあり、お金もエネルギーである。お札は印刷物であり、紙幣ですが、お金自身が波動であり、「エネルギー体」そのもので、一枚一枚のお札にエネルギーが宿っている。お札の向きがバラバラだと、エネルギーの流れもバラバラになり、打ち消されるので、お札の向きを揃えて財布に入れる。

(例えば、それは電気の流れと同じで、プラスとマイナスの電極を正しい向きに揃えることで、電流が流れて「灯」がつきます。お札のエネルギーの流れも同じ)

・お札はまっすぐ伸ばして入れる。
お札が折れ曲がっていると、「エネルギーの流れ」が滞り、パワーが低下します。
お札はまっすぐ伸ばして入れること。(お札が折れ曲がらない)長財布がよい というのは、それなりの理由があるからです。。

・お札の向きを揃える、
・まっすぐ伸ばして入れる、
・お札を折らない、
風水的に言えば「気の流れ」を整えるためです。

「二つ折りか、長財布か」の場合、背広の内ポケットに入れるなら長財布。ズボンの「ポケット」に入れるなら二つ折りです。単純に、どちらが使いやすいかです。二つ折りなら「グレンチェック」が種類が豊富。小さい、薄い財布なら「スーパークラッシック」です。

財布は必ずしも本革である必要はなく、「合成皮革」でもよいです。
本革であれ合成であれ、金運を左右しません。また、本革でなければならないという理由は存在しません。但し、丈夫で長持ち(耐久性)、質感・手触り感から言えば本革です。財布の選び方(外部リンク)

本革の場合、それが「動物の皮膚」の一部ということで、「生命尊重」の点でマイナスになりますが、だからこそ粗末な扱いは厳禁です、大切に使うこと。そして「ありがとう、感謝!」の気持ちです。ときには財布を撫でたりして…

・心を込めて、お札を揃えて入れる、
・お金を使う際には、心の中で「ありがとう!」と感謝する、
・得たお金は誰かと分かちあう、これが金運の法則です。

top 薄い財布
財布バナー
一等前後賞 当選宝くじ←実物の写真あり。  


 風水 財布の色の意味  →2016年 開運カレンダー

金運財布の色については、さまざまな解釈があり、「語呂合わせ・ダジャレ」のような解釈も多々存在する。色にはエネルギーがあり、それが人間のマインドや行動に影響を与えるのは確かです。ここでは財布を選ぶにあたり、色のパワーを「色彩心理学と風水」の両方から見ていきます。→色の意味・効果

赤は五行説では「火」を表し、「陽の気」を持つ代表的な色です。赤は最もエネルギーの強い色で、物事に動きを与える色です。元気になりたい、ポジティブになりたいとき、気持ちを高ぶらせたい時に「パワーをくれる色」です。→赤い財布

赤は、おめでたい「吉祥の色」です。赤い財布を持つと、活動的になって「金遣いが荒くなる」と言う考えもありますが、一方で「やる気にさせる色」だからこそ、アグレッシブに稼ぎたいときは赤です。赤は「陽のエネルギー」を与えるので、お金の流れが元気になり、金運が高まるでしょう。

金運で一番よいのは、「赤と黄色」の組み合わせ。財布の「外側」がで、内側(内装)が色がベストとされる。このような仕様の財布は、数が少ないので、オーダーメイドで作るのもよいでしょう。誕生日、自分へのプレゼント!
オーダーメイドデザイン見本   →財布・小物 一覧
 

オレンジも「火性」の色に分類され、太陽の象徴です。快活、陽気、楽しさ、社交家など、積極性を表す色です。赤と黄色を混ぜると「オレンジ」になります。オレンジは金運パワーの黄色と、強いエネルギーを持つ「赤」の性質を併せ持つ色です。よって、これも金運財布の理想的な色です

ピンクは”火性”の中では最も柔らかい色で、幸せを感じる色です。女性におススメの「開運色」で、恋愛と幸福の色です。ピンクがお好きな方は、迷わずにレディース・ピンクの財布を選ぶのがよいです。濃いピンクもお勧めの色です。

豊かさや金運は、暗くジメジメした所ではなく、「陽の気」、明るくイキイキした所にやってきます。その意味では「ピンクや赤、やオレンジ」もお勧め。自分が好きな色、財布を大事に使うことで、そこに「財の気」がやどり、幸運もやってきます。これが一番よい風水財布の選び方。

黄色は喜び、明るさ、明朗、愉快を表す色です。生命の躍動感、上昇志向、希望、やる気、満足など 前向きの期待感をイメージさせます。また黄色は「金の気」を持つ色と言われ、金運を引き寄せる効果があるとされる。

金運風水で一番よいのが、金色(黄)です。「同質のエネルギーはお互いに引き合う」の法則があり、金運を願うなら金財布という考えには「一理」がある。金の色(波動)と同調することで、確率的にお金を引き寄せる「タイミング」が高まるでしょう!

金財布1 金財布2 金財布3
開運ゴールド フェリーゴールド 友禅染め

茶色は財布の定番で、特に男性にはこの色が多い。風水では、茶色は生命を育む「母なる大地」を象徴し、どっしりとした安定感のある色です。地に足のついた安定感が「豊かさ」に繋がるため、お金が貯まる「蓄財の色」として取り扱われている。。

黒はメンズ財布の定番。シックで安定感があり、一番無難な色です。
古代中国の「陰陽五行説」では、黒は「水」を表す色で、「水」は豊かな実りをもたらす「財」を意味する。このため、風水では「水=財」として扱われ、黒が「金運によい」とされるのは、ここからきている。黒は安定感があり、重みがあり、色的に飽きもなく、蓄財としてもお勧めの色。

白蛇 黒財布
開運 白蛇財布 開運黒

白蛇財布

「陰陽五行」では、白は「金」を表す色で、白財布は金運がよいとされ、根強い人気がある。また日本では、白色の蛇(白蛇)は、「弁才天」の使いとして「福」をもたらすとされ、縁起のよい動物とされる。屋敷に住み付いたり、白蛇に遭遇すると、良い事が起こる兆しと喜ばれ、こうしたことから、白蛇の財布は福財とされる。

青から連想するのは水、空、海。世界的に最も好まれる色の一つです。感覚的には「落ち着き・静か」という感じで、青は「冷静沈着」を表す知性の色。財産を守るなら青色の財布がよいでしょう。節約・堅実を得意とする人には、青はよい色です。。

「青色の財布は良くない?」という説がありますが、その理由は「青は水を意味し、お金が水に流れるから?』という。この捉え方は
「×」です。風水では「水=財」と扱われ、重要な役割をなすのが「水」です。むしろ、「財(金運)は水に乗ってやってくる」と解釈するのが妥当でしょう。風水の本場の中国では、財方(金運の方位)に水(水槽)を置いて、「財の気」を集めます。

オーダーメイド・カスタムデザイン
 世界にただひとつの財布
長財布 二つ折り
大切な人への贈り物
・誕生日のプレゼントに
・記念日に

財布の中に、キラキラと光る金(黄色)のモノを入れておくとよいです。お金を呼ぶ「呼び銭」(よびせん)と言います。お金が増える「お札の元」も同じ。

チャーム金運力を高めるに、ファスナーの部分が金色、あるいはワンポイントの飾り、「チャーム」でもよいです。どこかに金色の物があればよいです。。        

風水財布の選び方・・・
自分の好きなデザイン、色を選ぶ、これが一番です。
そして、自分で選んだものは愛着をもって大事に使う。
何はともあれ、これが一番大事なことです。


→財布の色と金運の関係





風水財布
(Top)

金運財布

赤い財布

金運の黄金律

TOPページ
ミラーサイト


二つ折
ギフトに大人気!
無料 名入れサービス


宝くじ保管場所

宝くじの買い方



お金の向きを揃える


まっすぐ伸ばす



お金を折らない

京友禅

↑京友禅染め
革財布

金カード

お財布の中に一枚
金運アップの
黄金カード

レディースファッション
アイテム、ピンク
バック・ウォレット




製品一覧
オーダーメイド 製品一覧
世界に一つだけのオリジナル製品。
「名入れサービス」も行います。無料

・大切な人への贈り物に
・誕生日のプレゼントに
・記念日に
ギフト
あなたの思いを刻印   ラッピングサービス 大切なひとに想いを伝える
楽しくデザインしてプレゼント
      はてなブックマークに追加